優れたお茶

リンゴを持つ女性

毎日飲むお茶ですが、体が温まるお茶と冷えるお茶があることをご存知でしょうか。 発酵させていないお茶は体を冷まし、発酵させたお茶は体を温めると言われています。では、発酵しているかどうかはどのように判断すれば良いのでしょうか。 簡単な見分け方としては、緑茶のように色味の薄いものが発酵していないお茶となります。紅茶のように色味の濃いものが発酵しているお茶となります。 具体的に体が温まるお茶を紹介していきたいと思います。まずはかりん茶です。韓国伝統の茶で蜂蜜とカリンが入っていますので冷え性の改善に有効です。 次にヨモギ茶です。ヨモギ茶は日本で古くから親しまれていた健康茶で、様々な効能があります。もちろん冷え性にも有効です。 その他にも、クコ茶・三年番茶・生姜紅茶・ゆず茶・プーアール茶・ローズマリー茶等が体を温めくれるお茶となります。

色々とありますが、やはりスーパー等によく売られている緑茶やウーロン茶・麦茶といったものよりはお値段は多少高くなると考えられます。何個か紹介していきたいと思います。 まずはプーアール茶。357gが9450円で売られていました。すごく高いように感じますが、一杯あたり5gしか茶葉は使いません。なので一杯約10円となり、毎日飲んだとしても2ヶ月以上持つ計算となります。 次は生姜紅茶です。こちらは15袋630円となっていました。一杯あたり42円となります。プーアール茶と比べ割高ですが、非常に安いです。 かりん茶は300gで700円前後のもが多いようです。ヨモギ茶は値段は様々ですが、安いものは100gで400円位から買うことが出来ます。 どれも意外と安く買うことが出来そうです。普段飲んでいるものを体が温まるお茶に変えることで簡単に冷え性を改善することが可能かもしれません。冷え性の方はぜひ試してみてください。