栄養価の高い植物

複数の種類の薬

サジーとは、ユーラシア大陸が原産のグミ科の植物です。小豆大の果実の中には200種類以上もの栄養素が含まれており、その栄養価の高さからスーパーフルーツまたは生命の実と呼ばれることもあります。現在ではその実をジュースに加工したものを、健康のために飲んでいる人も多くいます。 サジーが注目され始めたのはここ数年ですが、その歴史は古く、7000年以上前から生息していたと言われています。非常に長い年月を経て、厳しい環境の変化の中を生き抜いてきたサジーには、それだけの強い生命力とたくさんの栄養素が含まれているということです。特にサジーは抗酸化力とビタミンCが非常に高く、人参と比べて約11倍の抗酸化力と、キウイの約8倍のビタミンCを含んでいるとも言われています。 その生命力の強さから、1300年前のチベット医学の経典にも記載があり、非常に古くから医療品としても重宝していたことが分かります。 これらをふまえ、現在美容や健康への意識が高い女性を中心に愛飲されているというのは、当然のことではないでしょうか。

前述のように、サジーには高い抗酸化力やビタミン等の現代人には欠かせない成分が豊富に含まれています。肝心の味は酸味があり、好みの分かれる味ではあるもの、割り方によっては楽しんで継続することができそうです。 一度に飲む量は30mlで、価格帯は900mlで4000円程度です。一か月4000円というと、サプリメントを常飲するのとほぼ同程度の価格のため、継続してくこともさほど難しいものではありません。最近ではお試し用として少量で価格が安いものも販売されています。また、味がどうしても苦手な人のためにサプリメントのような錠剤になっているものも発売され始めています。こうした製品の改良によって、自分のライフスタイルに合わせて取り入れていくことがより簡単になってきました。 健康に気を使う人は年々増加傾向にあります。今後もサジーを生活に取り入れていく人の数は増えていくと予想されます。